「ほっ」と。キャンペーン
「旅の指さし会話帳フィリピン」の著者白野慎也が追う渾身のノンフィクション
フィリピン人エンターテイナーの入国が、厳しく抑えられるようになって1年余り。
全国のフィリピンパブが、どんどん消えつつある。
歌に、踊りに、ショーに、つかの間の癒しを与えてくれた天使たちは今どこで、何をしているのだろうか? 
「旅の指さし会話帳フィリピン」の著者・白野慎也が、フィリピーナの“その後の人生”を追いかける、衝撃のレポート。
カテゴリ:アナリサ4 お金の出どころ( 1 )
高い授業料は誰が払う?(アナリサ第4回)
★楽しい授業
 午後2時、約束の時間ぴったりにアナリサはマクドナルドに現われた。今日は連れがいる。親友のサンディーだ。アナリサの1つ年上の22歳。褐色の肌に高い鼻、彫りの深いスペイン系の顔立ち、ちょっと野性的で大きな黒い瞳が魅力的な女性だ。アナリサとは違うプロモーション所属だが、アナリサよりわずか2週間前、先述の店に入店し、来日後わずか1ヵ月半後強制送還という、アナリサと同じ運命をたどった戦友であり、短い間でも苦楽をともにした上、看護学校生という共通点もあり、あっと言う間に親しくなったのだ。
 早速アナリサのインタビューを始めた。
「今の暮らしはどう? 生活は苦しい?」
「うーん、あてもなく待つのはつらいけど、日本語の勉強がもうすぐ終わると、看護学校の授業が6月に始まって大忙しになって大変。だけど、楽しいわ」
 『楽しい』の一言にはびっくりした。彼女の受け答えからは、日々生きるか死ぬかの瀬戸際で、血のにじむような生活の苦労をしているという様子はまったく感じられない。「勉強で苦労しているとはゆとりがあるなあ」というのが正直な気持ちだった。次に彼女のエンターテイナーとしての再来日にかける思いと、見通しについて聞いてみた。
「強制送還でフィリピンに帰ってきちゃったから、日本の法律だと5年は再来日できないって聞いたんだけど、プロモーションの人が何とかするって言ってたから期待してるの。実際どうなるのかはわからないわ。でもエンターテイナーで日本に戻るのがベストだわ」
 彼女の受け答えは生き方の選択肢が多い分だけ心のゆとりを感じさせるものだった。
「もしエンターテイナーとして再来日できなかったらどうする? エンターテイナーとして来日するのをいつまで待つの? 選択肢がありすぎてどれを選ぶか迷うと思うけど」
 エンターテイナー以外にもすでにいろいろ可能性のある彼女だけに質問を変えてみた。
「エンターテイナーは最終目標に向かう途中の手段だからタイミングが合ったら、OKっていう感じね。だって最後は看護婦になるか、オフィスできちんとした仕事がしたいもの」

★本当のこと
 もっともな答えだ。彼女のようなプロフェッショナル志向の女性からすれば、なおさらエンターテイナー業は夢に向かう途中の仮の姿に過ぎない。ただ、彼女の心にゆとりを与えている日本語学校の学費、看護学校の授業料などのお金がどこから出てくるのか不思議だった。彼女は振れば1000ペソ札がバサバサ出てくる打ち出の小槌でも持っているのか? 僕はお金に関する疑問について聞いた。
「日本語学校の授業料っていくらぐらいなの? 入学金はいくら?」
「授業料は6ヶ月で20000ペソ、入学金が6000ペソよ」
大学の授業料と変わりないではないか。設備の割に高すぎる。僕はここで核心に迫った。
「帰国時の所持金は3万円て言ってたけど、日本語学校の授業料は誰が払ったの?」
「お父さんが出してくれたの」
 彼女の回答は急に歯切れが悪くなってきた。月収15000ペソのレストラン経営のお父さんが支払えるとは思えなかった。では1年で40000~50000ペソの看護学校の学費は誰が出すと答えるのだろうか?
「看護学校の学費はどうするの?」
 僕は彼女を尋問しているような気まずい思いを感じながら恐る恐る聞いた。
 彼女はしばらく黙り込んでしまった。どうしても話したくなければ無理強いはできない。
フィリピン人もまた、プライバシーに関する意識は非常に高い。だからこそ、突っ込みすぎてはいけない。そこでインタニューがすべて終わりになってしまうからだ。お父さんが払ってくれたことにして次の質問に進もうとした時、彼女が申し訳なさそうに言った。
「クーヤ、ごめんね。私うそついた。本当は日本人のボーイプレンドが日本語学校の学費も看護学校の学費も払ってくれたの。本当のこと言うのが恥ずかしくて、ごめんなさい」
「なんだ。そうだったんだ。いいんだよ。悪いのは僕の方なんだから。次々とプライベートなことばっかり根掘り葉掘り聞いちゃってごめんね」
 僕は疑問が一気に解けてスカッとした。彼女との間に立ち込めた気まずい雰囲気も一瞬のうちに払拭できた。インタビューはスムーズに流れ始めた。
(つづきは次回に)
[PR]
by webmag-c | 2006-09-23 23:29 | アナリサ4 お金の出どころ